読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせはじめブログ

いろいろかいてます

カニ好き必見、業者の仕入価格ばらします!!おいしいカニの選び方

食品情報

こんばんは、ブログを書くのが楽しくなってきた『ふせはじめ』です。 

f:id:hajimefuse:20161209204654j:plain 

本日はカニについて書いていきますが、僕はこの業界ではもう働いてないのでなんと!! 

カニを販売している業者さんの仕入価格まで教えちゃいますのでぜひ最後までお読みになってください。

同業者の奥さまに好評だった僕のカニ目利き 

僕がこの業界で働いてころ、良くお知り合いの方の奥さまに 

『今度の休みは家族でカニを食べるので安くておいしいカニを探してきてよ』

と尋ねられ、そこでカニお届けすると

『やっぱりふせくんに頼んで良かったわ、またお願いするね』 

というやりとりがあったのですが僕は 

おいしいカニの選び方なんて存じません、知りません!!

評判が良かったのはおいしいカニを選んでいた訳ではなく、まずいカニを選ばなかったからです。 

そこで、まず本日はカニの流通の流れからご説明させていただき、明日はまずいカニの見分け方について書かせていただきます。 

こんな加工をされてお手元にカニ届きます 

お正月になるとこたつに入ってぬくぬく、そして家族、親戚と集まる席でカニ料理は絶品です。

スーパーマーケットやネット通販にてこの時期販売されているカニ、その中でも身近な冷凍カニはこのような加工の流れであなたのお手元にとどいているのです。

f:id:hajimefuse:20161209205330j:plain

海でとる

ゆでる

冷凍する

出荷・販売 

このような加工作業を経てお手元にカニが届きます。 

知ってもらいたいカニの基本的な物流経路 

カニがお手元にどとくまでの物流経路は f:id:hajimefuse:20161209205117j:plain

(絵が・・・)

海でカニ漁をした船

仲買人→卸業者(セリ市場)

中卸業者

小売店・スーパー

消費者 

基本的にはこのような流れでお手元にとどき、どこのお店でも、実は同じ海で採れたカニを販売しているのです。 

しかし、差が出てきてしまうのは流通後のカニの扱いに問題があるからです。 

このあたりは明日のブログに記載させていただきます。 

業者の仕入価格・・・ネットにて誰でも見ることができます 

業者さんって一体おいくらで仕入れているんだろう?聞いたりなんてできませんよね。

教えちゃいます!!

f:id:hajimefuse:20161209205404j:plain

このイラストのようないわゆるセリ市場。 

こちらのURLは札幌の鮮魚卸売市場のもので、ここにカニの毎日の卸価格が掲載されているんです。

http://www.sapporo-market.gr.jp/market/suisan/index.htm

高値と安値ではかなり差がありますがこれはカニの品質の差がかかくの差と認識してもらえればだいじょうぶです。

実はインターネット専業で販売している会社の方がこちらの価格のよりも安いところもあるんです。

いやはや・・・びっくり

企業努力で価格を安くし薄利でも多売をし利益を出す、市場を通さず独自の物流ルートを持っていて市場より安く仕入れられる。 

なのでカニのネット販売は安いのです。 

本日のまとめ、そして明日に続く 

本日はこの3つ 

■カニの加工

■カニの流通

■カニ業者さんの仕入価格 

について記載しました。 

明日のブログはこの3つより元バイヤーが教える安くておいしいカニの選び方(まずいカニを選ばない方法)について書きますね。

お正月、カニを買おうかしらという方は本当に必見ですのでぜひお見逃し無く!!

hajimefuse.hatenablog.jp