読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせはじめブログ

いろいろかいてます

ちょっと待って、クリスマスケーキを買う前に違う視点から見た5つの事

食品情報

f:id:hajimefuse:20161206142237j:plain

おはようございます♪ 

なんと今朝起きたら読者が2人→16人になっていて舞い上がってるふせです。 

本日はクリスマスケーキを購入する前に知ってもらいたい事を、いわゆる目利きの人視点からご説明させて頂きますね。

まず、クリスマスケーキをネットで調べると、 

『今年はこれに決まり、オススメランキングTOP20』 

だとかが引っかかりでケーキに関する情報は出て来ませんよね・・・ 

なのでそんな情報を書きたいと思います。

クリスマスはとにかくケーキが売れる、売れる(その1) 

クリスマスはケーキがとにかく売れる、ケーキ専門店以外に飲食店でも、コンビニでも百貨店でもケーキの予約販売やってますよね。 

そうなんです、クリスマスは家族がいる家庭ではケーキを囲みホームパーティってな感じで売れるんです。 

ただ、例外もありうちの家庭は彼女も家庭も無いので今年は母親と2人で普通に白飯食べる予定です(笑) 

でも、待って下さい、これだけ売れに売れるケーキ、いつ作ってるのだろう、どこで作ってるのだろうって思いませんか? 

それ暴露しちゃいます。 

まず大手企業が販売しているケーキを作ってるのは、ほぼ工場です。 

個人店の小さいお店でコツコツ職人が1個1個手作りで作るなんて事はありません。

ベルトコンベアのラインにて流れてます・・・ 

クリスマスケーキは大量に作り置きしてます(その2) 

話は変わりネクタイ業界はクリスマスプレゼント需要で売れるのですが、12月はかなり忙しくそれを見越て、手縫いのハンドメイド縫製の場合は職人さんがどんなに頑張っても1日に20本程度しか作れなく、夏くらいから少しずつ仕込んでいくんです。 

じゃあ、ケーキはというと・・・ 

全く一緒なんです!! 

日本中がケーキを食べるクリスマス、これだけは言いたい、大手企業がまさか前日に作って当日発送なんて事は絶対にありえない。 

冬に大量に売れるからといって、工場は12月に人を雇い、眠らせた機械稼動させるなんて事はしません。 

じゃあ夏から仕込んでいくしかない。 

そうして夏に完成されたケーキは工場の冷凍庫で12月まで静かに眠ります。 

既存のお客さんに右から左に流すだけ、クリスマスケーキはかなり楽に儲かります(その3) 

そう、はっきり言ってしまうとこれは楽に儲かるビジネスなんです。

f:id:hajimefuse:20161206152112j:plain 

大手の販売店はお客さんをすでに持っているのでこの図の様になる。 

そうですよね、販売する側は工場に需要を見越した発注を掛けて、販売だけして製造や配送は業者が行ってくれる。 

凄く楽だなぁと思うんです。 

後、僕が一番びっくりしたのが美容業界までクリスマスケーキをやりだした事でしたね。

なぜなら売れるから、みんな食べるからです。 

だからクリスマスになると異業種ですら参入してきてケーキ予約やら販売を行う。 

この物が売れない時代・・・みんな必死なんです。 

異業種まで参入して来て街のケーキ屋さんは大変(その4) 

今コンビニなんかでは安く質のいいおいしいデザートやケーキ売っている時代になり、街のケーキ屋さんは疲弊しております。 

値段競争、宣伝力の違いになってしまうと大手には敵わないですし、それにケーキ屋さんはどちらかというと職人業で販売が上手いってイメージも僕の中では無い。 

でもですね、良くある差別化戦略なんかは皆さんの耳に伝わって無いだけでどこのケーキ屋さんもちゃんと行っているんです。

僕の知ってる地元長野のとあるケーキ屋さんではベルギーのこだわりのチョコケーキと北海道の厳選した生クリームを使って物凄くおいしいケーキを作っている所があります。 

しかも凄いのは年間、通販だけで15000台売ってるそうです。 

話を聞いてみると原料には物凄くこだわっていて、職人がすべて手作業で作り、作り置きは一切しない完全な受注製造、それに600万円もする瞬間冷凍装置を使ってケーキ風味を落とさず自宅にお届け・・・ 

そこまでこだわれば売れますよね・・・ 

他のケーキ屋さんでは可愛いアニメキャラのオーダーメイドケーキなんかもしていたりするところもあったり、記念写真のケーキだったりそういう実は知らないだけでそういう差別化をしているところは意外とやってるとこ多いんですよね。 

ケーキを買うならこだわりのケーキ屋さんから買うほうが絶対にいい(その5) 

これを物流的な観点から考えると街のケーキ屋さんって中間マージンが全く無いんですよね。 

f:id:hajimefuse:20161206153935j:plain 

相変わらず汚い手書きで申し訳ない。

という訳でこの図を見ると、普通に売られているケーキっていくらなんだろう・・・ってなるでしょう・・・お察し下さい。 

でも大量仕入れて、大量に作るという部分もあってかなり安いです、衛星管理もしっかりしてるので質もいいんです。 

でもちょっと考え方を変えてみましょう。 

安くておいしいケーキが出回る、この激動の時代で生き残ってる街のケーキ屋さんありますよね。 

これは絶対に何か裏があると思うんです、これは断言出来る、絶対に間違い無い 

そう、それは恐らくかなりおいしいから、売れて生き残っていると!! 

最後のまとめ 

別に大手企業が販売するケーキがダメって訳では無いですよ。 

ただ、僕は考える仕事をしていたもので、コンビにでも安くておいしいケーキが売られている時代で街のケーキ屋さんが生き残っているというという事はそこはかなりおいしい、生き残っているのは何かはずと思ってしまうのです。 

なのでもし街のこだわったケーキ屋さんとそこらへんのお店で売ってるケーキが仮に似たようなお値段で売っていたら・・・それはお買い得の商品であるのです。 

これがきっかけということで、ちょっと気になる街のケーキ屋さんがあったら口コミ検索してみて下さい。 

きっと新しい発見出来るはず・・・ 

そして最後に僕に文才があれば上手く伝えられるのですがまだブログ初心者なので許して下さい。 

しかし、初心者ブログならではの楽しみもあるはず(笑) 

では、出来るだけ毎日更新出来るように頑張ります。