読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせはじめブログ

いろいろかいてます

当社ネクタイだからできる7つの特徴

当社ネクタイについて

高機能シルクネクタイ販売の代表の布施です。

当社自慢のネクタイの製造過程を詳しくご紹介します。

シルクから1本からこだわりぬいたネクタイがお手元に届くまでたくさんの職人の技術が詰まっています。

①最上級シルク素材を使用し京都で染める

当社ネクタイで使用しているシルク糸はダブルエクストラグレード格(A5等級)を使用しており、グレードの高い糸は繊度が細い為織り上げますと生地の絵柄が鮮明にそしてより光沢感が出て肌触りも滑らかです。

シルク糸はもともとは真っ白なものなのでf:id:hajimefuse:20161127155847j:plain

このような真っ白のシルク糸を

f:id:hajimefuse:20161127160123j:plain

京都の染め工場で染め上げる

f:id:hajimefuse:20161127160241j:plain

f:id:hajimefuse:20161127160311j:plain

このようにしてネクタイ生地の大本のシルク糸が完成します。

西陣で織り上げる生地

ネクタイの生地はさまざまな産地がありますが例えば、海外で生地を作り最後に日本で縫製して日本製ネクタイとうたう事が出来ます。

しかし西陣織では日本で染め日本で織り上げた事を証明する為に西陣織組合企業には製品タグを発行しており品質に対しての安心感と

f:id:hajimefuse:20161127155617j:plain

 

西陣で500年以上も昔から受け継がれてきた織技術で最上級のシルク糸を使用し

f:id:hajimefuse:20161127155756j:plain

織り上げるからこそ、このような最高な絵柄でも鮮やかに再現する事が出来、沢山の糸を使う事で生地自体が丈夫なり長持ちもします。

僕は生地の織り技術は世界でも西陣こそが一番だと思っております。

当社ネクタイは西陣織組合所属の太平織物株式会社様に当社だけのオリジナル仕様の製品として製造をして頂いております。

③生地の風合いに合わせて職人が上質なネクタイ芯地を選定し手縫いで縫い上げる

同じシルク絹を使用しても色合いや柄、織り方で風合いが変わります。

 

こちらの画像の様にネクタイには形を整える為に芯地中に入れ縫製はミシン縫製、リバー縫製、手縫い縫製と種類はありますが、熟練の職人が手縫いで縫製してネクタイを縫い上げます。

リバー立体縫製、手縫い縫製はネクタイに立体感を出す事が出来まして、高級感があります。

f:id:hajimefuse:20161127160434j:plain

当社製品では小剣通し(ループ)の見えない部分まできっちりと綺麗な縫製仕上げを致します。

f:id:hajimefuse:20161127160637j:plain

上質な芯地と高級シルク生地を使用していますのでネクタイにシワが出来てもすぐに戻りシワにもなりにくくなっております。

④パールトーン・ハイグレード加工

 

 当社ネクタイではこちらの高級着物に施される

パールトーン・ハイグレード加工を製品施しており

こちらのブログにも記載させて頂いたので割合させて頂きますが

ネクタイの製品に施してあるのでネクタイの本体の他に製品タグ、縫製糸にも

①撥水加工
②防汚、伸縮防止効果
③抗菌、防カビ効果
④通気性が良い
⑤劣化の軽減
⑥シルクの風合いがほとんど変わらない

こちらの特徴があり醤油を使った撥水の実演動画になります。

www.youtube.com

 

⑤ネクタイ生地を使用したノベルティの発送

 ネット販売では現物の商品を画像でしか見れないのでリスクがございますが、しかしネクタイの場合はこちらのようなネット通販ならではの利点もあり

 

出来るだけ現物が見れますよう、ネクタイの余り生地を使用した

f:id:hajimefuse:20161127160702j:plain

このようなノベルティを製作し生地の現物を見て頂ければと思いましてただいま準備しております。

⑥中間企業は出来るだけ使わずリーズナブルな価格を実現

ここまでこだわってネクタイを製作しているので製造原価だけでもかなり掛かっておりますが、沢山の方々にネクタイの良さを知って頂きたいのでブランドライセンス料、中間の商品受け渡し企業は出来るだけ使わずインターネット取引をメインとしていますので生地から日本で製造しているものですが6000円台というリーズナブルな価格を実現しております。

⑦ネクタイのアフターフォロー付き

ネクタイを使用していて縫製糸がもし切れてしまったり、クリーニングに出して(シルク100%製品の為本当はクリーニングしない方がいい)パールトーン効果が弱まった場合は繁忙期でなければ再縫製、再加工する事も可能です。

最後に

まだ立ち上げたばかりのベンチャー企業ですが品質には自信があり、またこのパールトーン加工をしたネクタイの動画は海外の方にツイッターを通して届きすばらしいとコメントを頂きました。

日本の技術の機能性ネクタイとして輸出も実現不可能では無いと思っております。

 

これからもよろしくお願い致します。