読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせはじめブログ

いろいろかいてます

『気持ちを込めた贈り物だから長く使って貰いたい』そんな情熱のお話

当社ネクタイについて

昨日、ブログ更新出来ずにすみませんm( _ _ )m 布施です。

本日はちょっと熱い話になりますがぜひ読んで下さい。

ネクタイの始まりの物語(ざっくり)

ネクタイの歴史って何だろうって諸説ありますが一番確定的で一番有名なのはクロアチアの兵士が防寒の為に首に巻いてた布だったのです。

詳しくは

ネクタイ - Wikipedia

こちらをご覧下さい(笑)

それは『気持ちを込めた』贈り物でもある

ネクタイはもともと防寒の布という用途性でしたが、しかし、その兵士の奥さんや恋人が『戦場での活躍や無事な帰還』を祈ってスカーフや服の切れ端のようなもの兵士に渡した、気持ちを込めた』贈り物でもあるのです。

今現在でもクリスマスや父の日等でネクタイはプレゼントとして選んで頂いており、用途の他に『気持ちを込めた』贈り物の部分は昔と変わってないんじゃないかなと思うのです。

『気持ちを込めた』贈り物だからお客様に喜んで頂きたい

じゃあ、その気持ちを込めた』贈り物にネクタイを選んで頂く為には作り手としてどうしたらいいのか・・・

それは、作り手もその気持ちに答える事だと思うのです。

今は大量生産、大量消費の時代なのですが、ネクタイに関してプレゼントの場合は消耗品ではなく気持ちを込めた』贈り物なんですよね。

だから僕はプレゼントにと選んで頂ける様に作り手としていいものを作り長く使ってもらえるようにって思うのです。 

その工夫が前のブログにて記載したこの取り組みだと思うのです。

hajimefuse.hatenablog.jp

今だから文字で説明出来ますが、この答えを出すまでに本当に苦労しました。

20代で貯めた貯金ですが約400万円ほどを投資しました、時間も掛けました・・・

でも自分の時間や身銭を切ってまでやってやるという時間とお金の自己犠牲無しではいいものなん作れないって思うのです。

そんな情熱のお話でした

今日のブログはちょっと短文でしたけれど情熱を込めて書きました。

作り手でも本当に情熱を持って仕事してる人はいると思うんだ。ただ知名度がなかったり、みんなに伝わらなかったりして無くなっちゃうんだよね。

 

あと業務連絡なのですが

個人垢と法人垢で

InstagramやらLINE@やらSNSツールをはじめようと思ってます。

そしてLINE@に関してはうざくならないようにただの入り口程度で使用します。

 

昔より個人発信しやすい時代になったけど、まだまだ頑張らなきゃ・・・

 

ほいじゃ、皆さん寒くなってきたけど風邪ひかないようにね~